Loading...
衛生管理

設備

衛生管理

安全な歯科医院を目指し、目に見えない衛生管理も大切にします。
「清潔」な環境を整えるために、「滅菌」を行なっています。
安心して歯科治療を受けられる安全な歯科医院を目指し、山下スマイル歯科は見えないところを大切にします。
youtubeyoutube

衛生管理のために、世界有数の装置を導入

山下スマイル歯科では、目に見えない衛生管理の徹底を、患者さんへの「おもてなし」の気持ちで大切にしています。
医療用の器具を感染予防し、衛生管理するためには「洗浄」と「滅菌」の両方が大切です。
2018年夏に「洗浄」のためにとWD(ウォッシャーディスインフェクター)SCICAN社の HYDRIM C61wd を導入しましたが、さらに、今回「滅菌」のために最高基準の高圧蒸気滅菌機 W&H社のクラスB(Big)オートクレーブ LISA を導入しました。
■WD(ウォッシャーディスインフェクター)について
HYDRIM C61wd は治療に用いた機材を「洗浄→すすぎ→消毒→乾燥」まで行う医療機器です。
洗浄に用いる水の温度と洗浄時間により規定されたAo値は、93℃ 5分でAo値6000を誇り、国際規格(ISO15883)で推奨されているAo値3000 を大きく上回っています。

手洗いによる洗浄では洗浄のレベルにばらつきが出てしまうという問題と同時に、洗浄作業を行う方への血液や唾液が飛び散る可能性がありますが、WD(ウォッシャーディスインフェクター)を活用することでより安全・確実に洗浄作業を行うことができます。
■高圧蒸気滅菌機について
高圧蒸気滅菌機の最も厳しい規格を設けている、ヨーロッパ規格EN13060ではクラスB、クラスS、 及びクラスNという3種類のクラスがあります。その中で唯一、クラスB(Big)だけが全て の形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、 二重包装)を滅菌できます。
最高基準がクラスB。その次にクラスS、クラスNの順で続きますが、日本の多くの歯科医院ではクラスNの滅菌器が一般的です。

目立たない、目に見えない部分ですが、衛生管理・感染予防を徹底することはハイクオリティー歯科には欠かせません、これからも常駐の第2種滅菌技士:片沼の力も借りて、「おもてなしの気持ち」で徹底して行っています。
安心して来院いただければ幸いです。
ウォッシャー 器具を全自動で洗浄・消毒・乾燥・滅菌
■水周りはノンタッチセンサー水洗
治療にかかわるすべての水道は、清潔を保つためにノンタッチセンサー水洗を採用いたしました。
レバーに手で触れないでも、センサーで自動的に水が出るシステムになっています。 清潔な環境での治療
■「捨てる」「洗う」「拭く」「手袋をする」が一体となった清潔な環境 清潔な環境での治療

基本セットの滅菌(滅菌パック)

◆基本セットは、洗浄、滅菌パックセット、高圧高温蒸気滅菌を行っています。
◆滅菌パックに入れて高圧高温蒸気滅菌を行うことで、マーカーの色が変わり、最も清潔なレベルである「滅菌済み」であることが、2重確認(ダブルチェック)できます、完全滅菌を保つため、治療の直前に滅菌パックをお開けします。
滅菌パック 滅菌パック 滅菌パック 滅菌パック

世界最先端診療ユニットードイツ・カボ社を導入しました。

虫歯の部分や歯の周囲の汚れを洗い流すなど、歯科治療のあらゆる場面で「水」はかかせませんが、
お口の中に用いられる水の清潔さを考えたことはありますか?当院はそこに着目しました。
当院でドイツ・カボ社を選んだ一つの理由
当院でドイツ・カボ社を選んだ一つの理由 ドイツ・カボ社の1066 ユニットは「水消毒装置」により治療中に用いる水、お口を ゆすぐ水など、全ての水を自動的に消毒する画 海外のカボ社ユニットへ»
連続集中消毒システム
サクションホース
清掃用洗浄システム
逆止弁…内蔵式の弁が汚れたスプレーやエアゾールの吸い込みを防ぎます。

エンジン・スケーラーの滅菌、エンジンの内部洗浄

当院の お口の中に入るエンジン・スケーラー(歯石を取る機械)は、世界で最も信頼性が高く、過酷な高圧蒸気滅菌に対応できるドイツのカボ社製品です。高度な機能と安全を保つために、内部洗浄を行ってから高圧蒸気滅菌を行っています。エンジン・スケーラーは精密なため、滅菌がもっとも難しい器具の一つです。当院では、患者様ごとに、内部洗浄・高圧蒸気滅菌したものを使用しています。
レバーに手で触れないでも、センサーで自動的に水が出るシステムになっています。
エンジン・スケーラーの滅菌 洗浄 エンジン・スケーラーの滅菌 洗浄 エンジン・スケーラーの滅菌 洗浄

清潔な使い捨て製品の使用

清潔のために、患者様一人ひとりに清潔な使い捨て製品を使用しています。
・ゴム手袋(一人の患者さんにつき1~5セット) ・紙コップ ・紙エプロン ・注射針 ・注射液カートリッジ ・治療器具用のシート
2006年7月7日午後の診療で用いたゴム手袋です。 2006年7月7日午後の診療で用いたゴム手袋です。
清潔のために、わずか半日の診療でも多量のゴム手袋を使用しています。
治療用筆・治療用マイクロブラシもディスポ製品を使用しています。治療用筆・治療用マイクロブラシもディスポ製品を使用しています。
カップ エプロン
注射器 注射器

診療内容