小児歯科についてご講演いただきました

皆さま、こんにちは!受付の名倉です
コロナウイルスの影響で、不安な毎日をお過ごしのことと思います
山下スマイル歯科では、以前から徹底した感染管理を行っております。(ホームページの衛生管理をご参照ください)
また、ご来院の皆さまには問診表、検温、手洗いのご協力を賜り、お礼申し上げます。
なかなか先の見えない状況ですが、こんな時こそ心まで貧しくならないよう、助け合いの精神で乗り越えていきたいものですね。

さて、先日当院では、明海大学歯学部歯科学講座の伊賀上洋輔先生(やまねセンター歯科勤務)にお越しいただき、小児歯科のセミナーをしていただきました
伊賀上先生は当院の院長がやまねセンター歯科へ見学に行かせていただいた際、初めてお会いしたにも関わらず、すぐに山下スマイル歯科へスカウトさせていただいた程(笑)優秀で魅力的な先生と伺っていたのでお話を伺えることを非常に楽しみにしていました
伊賀上先生は子供の頃学校の先生になりたかったそうで、お子さん達に囲まれている姿が目に浮かぶ、笑顔のとても素敵な先生でした

DSC03094.JPG

伊賀上先生のお話の中でわたしが特に印象に残ったのは「子どもは小さな大人ではない」という言葉です。私たちが相手にしているのは、まだ発達途中の生命体であるということを決して忘れてはいけません。
小児歯科というのは子ども達の未来を創る仕事であり、健全な永久歯列の完成や歯科恐怖症をつくらないために非常に重要な役割を担っています
例えば、乳歯が虫歯になっても永久歯がいずれ生えてくるから大丈夫、と考えていらっしゃる方がいるかもしれません。
しかし、乳歯の虫歯はその下にある永久歯に悪影響を与えたり、通常よりも早く歯が抜けてしまった場合、歯並びが崩れてしまう可能性もあります。ですから、お子さん達の輝かしい未来のために、小さいうちから歯を大切にし、歯科医院を好きになってもらい、一緒に大事な歯を守っていくことが私たちにとっての使命なのです

伊賀上先生の熱い思いにふれ、私たちも気持ちを新たにすることができました
これからも、地域のみなさんにより貢献していけるよう、日々努力してまいります。お気付きのことがございましたら、ぜひお声掛けくださいね