こんにちは!スマイルコーディネーターの定光です
本格的に夏が始まりましたね
体調管理に気をつけてお過ごしください

元号も「令和」になり、当院のホームページも全面的にリニューアルいたしました
今までより分かりやすく充実した内容となりましたので、多くの方々にご覧いただけると嬉しいです!

ホームページを通して来院して下さる患者様も増え、
沢山ある歯科医院の中で当院を選んで下さり感謝の気持ちでいっぱいです


昨年当院に通院してくださっている患者様からお声をかけていただき、
2019年の4月より「わが家のげんきをそだてる 笑顔」という雑誌で院長の連載が始まりました。
この雑誌は健康についての分かりやすい記事が多く、各種健康保険組合の加入者やそのご家族の方に親しまれ読まれています。

Scan2019-05-25_112050.jpg   Scan2019-06-01_113450_000.jpg

Scan2019-05-25_112050_002.jpg 
Scan2019-06-01_113450_001.jpg

【クリックすると拡大できます】

「知っておきたい大人の歯」というテーマのもと歯の豆知識や予防の大切さをお伝えしております。
限られた紙面の中で、大切な内容を盛り込む工夫をしていますので皆様にもご覧いただけると幸いです。
今後も山下スマイル歯科ではわかりやすい予防歯科とハイクオリティー歯科を皆様に提供してまいります

こんにちは!歯科医師の石束です!
すっかり暖かくなり花粉も落ち着いて過ごしやすい時期になりましたね!

花粉対策といえばマスクですが、お口のトラブル対策といえば最近は予防歯科という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか
山下スマイル歯科でも開院当初から予防歯科という分野で皆様のお役に立ちたいと日々努力してまいりました!


今回は歯科医師の川井と二人で山形県の日吉歯科診療所に予防歯科について学びに行ってきました。

1558706183190.jpg

日吉歯科の院長の熊谷崇先生はNHKにもご出演されている世界的にも有名な予防歯科の第一人者で、山下スマイル歯科のスタッフ一同、以前から勉強させていただいてます。

虫歯や歯周病にならないためには歯磨きが大切というのはテレビのCMやいろいろな歯医者さんで聞いてご存じだと思います。
しかしながら、しっかり歯磨きをしているのになぜかどんどん虫歯や歯周病になって歯を削って詰めたり、歯を失ってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は虫歯や歯周病の原因は歯磨きの良し悪しだけではなく、お口の中の虫歯菌の数や唾液の殺菌能力、普段の食生活など多くの要因が絡み合っているのです!

熊谷先生はそれらをコントロールするためのノウハウを長年の研究と臨床から編み出されました。

その結果、日吉歯科に定期的にメンテナンスで通われている患者さんは、なんとおよそ30年間もほとんど治療をせずに健康な生活を送っています。
当院ではこれまでも熊谷先生から直接ご指導いただいた技術を皆様にご提供し数多くの実績をあげてきましたが、今回のセミナーでまた新しい知識をご教示いただき、より一層深く学んでくることができました!

みなさんもぜひ当院でご自身のお口の中について調べ、しっかりと虫歯や歯周病を予防して生涯美味しくご飯が食べられるお口を目指しましょう!

こんにちは!歯科衛生士の片沼です

4月に入り、新年度が始まりましたね!
環境が大きく変わった方もたくさんいらっしゃると思います。
少しずつ慣れ始めてきたころでしょうか?
私も気持ちを新たに、歯科予防や滅菌管理をさらに深く学んでいきたいと思っております

そんな私のモチベーションを高めてくれるのは、患者様の笑顔です
特に春になると、お子様の成長を感じ嬉しくなります。

当院では、小学校をご卒業のタイミングで、
ムシバ予防や治療に努めてくれたお子様に感謝状をお渡ししています。

今年もたくさんのお子様を表彰させてもらいました!!


DSC02371.JPG

DSC02379.JPG

DSC02384.JPG

DSC02391.JPG

DSC02401.JPG

DSC02399.JPG

(ご本人・ご家族の許可を得て掲載しております)


ご本人はもちろんご家族もとても喜んでくださるので、私も嬉しく、ますます頑張ろう!!と思います(^^)

しかし、困っていないのに通う予防歯科が、まだあまり世間に浸透しきっていない部分もあり、しっかりと定期クリーニングの重要性を伝えるのは、今後の山下スマイル歯科での課題です
現在1500人以上の方の歯の健康を、患者さんと山下スマイル歯科の二人三脚で、サポートさせていただいていることは、私たちの誇りです。

患者様に分かりやすく安心して通って頂くため、スタッフ皆で協力し学びを深めていきます。
これからもよろしくお願い致します

一日の気温差が激しいですが体調など崩されてはいませんか。
歯科医師の川井です。

先月、2月の末に大阪で開かれていた「デジタルレントゲンCTを用いた診断の重要性」という講習会に院長と参加してまいりました。

image35.jpeg

歯を残すために、歯の根の治療を行う前にCT撮影をすることで、歯の現在の状態が従来よりも格段に把握できるようになって来ています。

この講習では実際の治療の場面でどう使われてどのように診断しているかを、
3人のスペシャリストから講義形式で学んできました。

当院でも去年の8月のリニューアルの際にモリタ製の最先端CTを導入し、より精密な診断・治療に大活躍しています。

image.png


imag.png


今回受講したことにより、デジタルレントゲンCTの凄さを改めて知り、実際の治療で歯を支えている骨の状態がどう変化していくかを教科書に載ってない細かいレベルまで学ぶことができました。

歯科治療は、日々新しい情報や器具、材料が出て進化しています。
新しいことを知るのは大変な作業ですが、学ばせていただける環境があることに感謝し、新しい知識を知ることができる楽しさを大切にし、日々の治療に役立て、クオリティーの高い治療を提供できるよう努めます。

当院では定期的に講習会、セミナーに行く機会があるのですが、山下スマイル歯科に勤務していると、院長が数多く受けた中で選りすぐりのセミナー・講習会を勧めていただくので、とても素晴らしい内容ばかりで本当に感謝です。 

セミナー終わりに大阪名物のお好み焼きを院長と食べてきました。いつも食べるお好み焼きよりもフワフワでとてもおいしかったです!院長ごちそうさまでした!

ありがとうございました。

こんにちは!歯科衛生士の片沼由美子です

だんだんと暖かさを感じることが増えてきましたが、
真冬のように寒い日もあるので体調管理が難しいですよね

春が待ち遠しいです。。。

今回、歯科衛生士の矢下さん、井澤さんと私の3人でセミナーへ参加してきました。
昨年の大感謝講演会でもお越しいただいた井上和先生のセミナーです。

内容は、メインテナンス(定期クリーニング)についてです。
山下スマイル歯科でも、皆様に定期クリーニングを受けて頂いてます。
毎日同じように歯磨きをされていても、
忙しくていつもより磨く時間が短くなってしまったり、疲れ気味だったり、、、
ちょっとしたことでもお口の中は変化していきます。

そういった日々の変化もお口の健康に関係してくきますので、
その変化を見逃さないように、カラー写真や歯肉の状態の記録など様々な資料が重要です。
井上先生の濃厚な講義を受け、参考になる事ばかりでした!

また最後にエアーフローを使っての相互実習もありました

CM190120-133107010.jpg

エアーフローとは、着色(ステイン)や歯垢(プラーク)、歯の表面にこびりついたバイオフィルム(歯ブラシでは取れない、虫歯や歯周病の細菌が強固にかたまった集合体)をアミノ酸粒子を勢いよく歯の表面に吹き付けて、歯や歯肉を傷つけずに汚れを除去することができます。

pr.jpg

機材によって水の当たり具合いや当て方など確認することができ、とても勉強になりました。
そして改めて定期クリーニングでの歯を守る事の重要性を感じています。
皆さんの5年、10年、一生涯を通じ、お口の中と健康を守るためのサポートをさせていただきますね

予防歯科とマイクロスコープを用いたハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする
山下スマイル歯科 院長の山下圭造です。

山下スマイル歯科では、目に見えない衛生管理の徹底を、患者さんへの「おもてなし」の気持ちで大切にしています。
医療用の器具を感染予防し、衛生管理するためには「洗浄」と「滅菌」の両方が大切です。

2018年夏に「洗浄」のためにとウォッシャーディスインフェクター(SCICAN社:HYDRIMC61wd)を導入しましたが、さらに、今回「滅菌」のために最高基準の高圧蒸気滅菌機( W&H社:クラスBオートクレーブ LISA)を導入しました。

◆ウォッシャーディスインフェクターについて
HYDRIMC61wdは治療に用いた機材を「洗浄→すすぎ→消毒→乾燥」まで行う医療機器です。

洗浄に用いる水の温度と洗浄時間により規定されたAo値は、93℃・5分でAo値6000を誇り、
国際規格(ISO15883)で推奨されているAo値3000 を大きく上回っています。

手洗いによる洗浄では洗浄のレベルにばらつきが出てしまうという問題と同時に、
洗浄作業を行う方への血液や唾液が飛び散る可能性がありますが、
ウォッシャーディスインフェクターを活用することでより安全・確実に洗浄作業を行うことができます。

IMG_5646.jpg

IMG_5644.jpg


◆高圧蒸気滅菌機について

高圧蒸気滅菌機の最も厳しい規格を設けている、ヨーロッパ規格EN13060では、クラスB、クラスS、 及びクラスNという3種類のクラスがあります。
その中で唯一、クラスBだけが全て の形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できます。

最高基準がクラスB。
その次にクラスS、クラスNの順で続きますが、日本の多くの歯科医院ではクラスNの滅菌器が一般的です。

IMG_5591.jpg

_D5A4528.jpg

目立たない、目に見えない部分ですが、衛生管理・感染予防を徹底することはハイクオリティー歯科には欠かせません。
これからも常駐の第2種滅菌技士:片沼の力も借りて、「おもてなし」の気持ちで徹底して行っていきます。

さらに清潔・安心な山下スマイル歯科に

2018年を振り返って

皆さんこんにちは!歯科衛生士の井澤紀代子です

寒さも本格的になり、いよいよ今年も締めくくりに近づいて来ました。
師走は何かと気忙しくなります。皆さんどうぞ体調にはお気をつけてください

皆さんは2018年はどのような1年でしたでしょう?

山下スマイル歯科では、院長をはじめ、スタッフ一同で
「予防歯科とハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする」を胸に、
合言葉として「笑顔・感謝・健康・情熱」を持ち、2018年も邁進しました。
_D5A3779.jpg
今年もスタッフ全員で多くを学びました

スマイルコーディネーターは、
口腔内写真講習会、日本歯科プロアシスタントスクール、GCブラッシングセミナー 等

歯科衛生士は、
下川床先生による院内研修・OJT、GCブラッシングセミナー 等

歯科医師は、
吉岡先生による髄腔拡大の実習、臼歯CRのアート&イマジネーション、
私が受けたいエンド治療の真髄、関東歯内療法学会、GCブラッシングセミナー 等

スタッフ全員で、
糖尿病セミナー、つじむら歯科院内見学 等
そして、2018年の締めくくりとして、
11月23日に恒例の大感謝講演会が行われました
院長、メンバーによる発表と、
日本を代表するカリスマ歯科衛生士 井上和先生、下川床里美先生を
お招きし講演をして頂きさらに知識を深め大きな刺激を受けました
※詳しくは前回のブログをご覧になって下さいね

そして何と言っても一番大きな変化は、
8月に山下スマイル歯科をリニューアルした事です
壁やクロスの張り替え、エアコンやロールカーテンを全て取り替え、
また、3つの大きな機器を導入し、
さらに皆様に安心でハイクオリティな診療が出来る様になりました。

1つ目、デジタルレントゲンCT。
European Joural of Radiology という専門誌で、世界でナンバー1の評価を得る装置です!

image.png

デジタルレントゲンは1/10のレントゲン量で身体に優しく、鮮明な画像を撮影出来ます。
さらに3次元の断層撮影(CT)が可能となったので、より精密な診断が出来るようになりました

imag.png
2つ目、洗浄機ウォッシャー。
患者さんが完全に安心して治療を受けて頂けるよう、感染予防徹底のため導入しました。

今回導入した洗浄機はドイツ製で医療機器の(洗浄・消毒・滅菌)
国際規格(ISO)のAo値3000を大幅に上回るAo値6000が可能になっています。
unnamed.jpg
両方とも素晴らしい機器です

そして3つ目はエアーフローです。
超微細なウォータースプレーとアミノ酸粒子で歯の着色やプラークを優しく取り除き、
吹き付けたアミノ酸粒子が歯肉の血行を促し美しい歯肉を保ちます。
また従来のクリーニングと比べて歯が白くなることを実感できます

ima.png

改めて振り返り、メンバーも医院も多いに進化した一年でした。
来年から年号が変わり今年は「平成最後の・・」と言うフレーズが多く聞かれます。
時代がどんなに移り変わっても山下スマイル歯科では、
「予防歯科とハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする」
を掲げ、
皆さんの「ハッピースマイル」に貢献し続けていきます。

来年も変わらずどうぞよろしくお願いいたします星
こんにちは!歯科衛生士の矢下です
先日、毎年恒例の"山下スマイル歯科・大感謝講演会"が行われました
今年も1年間の締めくくりとして院長とメンバーからは2人が症例発表を。
外部講師の方からもお二人にお話しを頂きました。

まずは、院長。
今年8月に院内をリニューアルしたのですが、
その際に「デジタルレントゲンCT」を導入しました。
「CT」は医科でもよくありますが三次元の断層撮影が歯科でも可能です。
ただ、まだ導入している歯科医院は10%ぐらいと聞きましたが、効果は絶大です、
「CT」を撮ることで今まで分からなかったことがたくさん分かるようになりました
今回は、デジタルレントゲンCTの基礎から、CTを活用した様々な症例の発表でした。
IMG_5502.jpg

例えば、ずっと違和感がある歯があって困っていた方がいらっしゃいました、
二次元のレントゲンで見ても変化がなく、原因不明でしたが、
「CT」を撮ってみると歯の根が割れていている事がはっきりと判明しました。
このように今までよりも原因の診断の幅が広がり、対応もできるようになりました。

私、矢下の症例発表。
テーマは「たばこと歯周病」

みなさんはご存じでしたか?
たばこは全身にも悪影響を及ぼしますが、お口の中では、歯周病と深く関わりがあることを。
たばこを吸っていると歯周病になりやすく、治りにくいのです
それは、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させてしまうからです。
「歯周病」は歯ぐきの病気です。
歯ぐきの中に付いている歯石を私たち歯科衛生士がお掃除して、細菌の数を減らします。

歯周病の進行を抑制して健康な歯ぐきの状態にするのが歯科衛生士の重要な仕事になります。
患者さん自身のホームケアだけでは歯周病は治りません。
是非、歯科医院での検診をおすすめします

次に、川井歯科医師による症例発表。
テーマは「咬合性外傷」
日々の診療の中で、患者さんたちは色々な症状の訴えがあります。
その中で、診断に迷うことがありますが特に難しいのが、この「咬合性外傷」
深い虫歯での痛みかと思っていたら実はそうではなく、
かみ合わせによる問題で、噛む力がそこだけに加わることで虫歯のような痛みにつながります。

歯科医師がそれを見つけて、負担を少なくすると痛みは嘘のようになくなります。
「正確な診断」がないと、それはできません。
普段の川井先生の診療が共有できて、よかったです
DSC02996.JPG
午後は、歯科衛生士の院内講師をしてくださっている
フリーランスの歯科衛生士・下川床先生です
いつもお忙しい中、私たちのために時間を割いてくださって感謝!です!!
「The First Time Challenge」とういうテーマで、初めて研究をした時のお話でした。
研究のきっかけは大舞台で研究発表をした仲間から刺激を受けて、
先輩の後押しもあって決意した、とのことでした。
こんなにキャリアがあっても初めてのことにチャレンジする行動力
本当にすごいな~と思いました。

最後は、外部からお招きした
フリーランスの歯科衛生士・井上 和(イノウエ カズ)先生です。
和先生は、歯科衛生士の専門雑誌「DH style」などに連載したり
セミナーを主催したり精力的に活動されているとても有名な歯科衛生士の先生です。

テーマは「患者さんの歯みがきのモチベーション」について。
執筆活動やセミナー主催など活躍の幅が広いですが、実はベースは歯科医院での臨床。
その経験豊富な臨床の中で培った秘訣をざっくばらんに惜しみもなく教えてくださいました。
それに、歯磨きの道具の選び方など自分自身で熱心に研究されていて驚きました

ハブラシについては、参考にさせていただいて、今、実験・思案中です。
貴重な内容を私たちのためだけに講演してくださった和先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました

このように今年も学びの多い"大感謝講演会"になりました。
これを生かしてこれからも患者さんたちのためになる歯科医療を提供していきますエンジェル

こんにちは!!スマイルコーディネーターの定光です

あんなに暑かった夏が懐かしく感じるほど、
気温が下がり、肌寒い季節になってきましたね。
私は紅葉などを見に行って短い秋をしっかり楽しみたいと思っています
また、体調を崩しやすい時期でもあるので皆様もお気をつけください

私は今、日本歯科プロアシスタントスクールという
歯科助手の最高峰スクールに参加させていただいています_

山下スマイル歯科では、初診コンサルなどで患者様と医院を繋ぐ架け橋となる為、
『歯科助手』ではなく『スマイルコーディネーター』と呼んでいます
sada.png

日本歯科プロアシスタントスクールとは、
全国の歯科医院で働く歯科助手が副院長を担える人材となるために
スキルと人間性の両輪を学ぶスクールです。

歯科助手のミッション(使命)は患者様を幸せにすること

患者様を幸せにするために、歯科助手はどんな事ができるのか
毎回新しい気付きがあり歯科助手に無限の可能性を感じています。
計12回のスクーリングがあり先週7回目のスクーリングを終えました

全国から集まった20名の方たちと一緒に学ぶことで
沢山の価値観に触れ自分の視野も広がります

sada2.png


この学びを通して、医院・患者様に少しでも還元することができるように努力していきます。
そしてさらに患者様に安心して来院して頂き、
患者様の幸せに繋がる架け橋になれるよう頑張ります

いつも応援してくださる院長、スタッフの皆さまに感謝します