入笠山トレッキングとルバーブの思い出

こんにちは!歯科衛生士の矢下幸恵子です
季節は、梅雨
スッキリしない日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

実は先月、山下スマイル歯科のメンバーでトレッキングに行ってきました
場所は長野県南部にある「入笠山」
途中まではゴンドラで上がって山頂までの標高差200mを登ってきました。

はとバスツアーで行ったのですが、バスを降りると
緑豊かでマイナスイオンが溢れる山の中腹でした

yashitasan4.jpg
ただ、残念なことにそれまでは大丈夫だった空模様が怪しい雰囲気に・・・
小雨が降る中登ることになりましたが、途中には一面すずらんが自生している湿原に!!
都会にはない景色の中、足を進めました。

私達以外の参加者の皆さんは比較的年配の方が多かったのですが、
どの方もお元気で、コース脇に生えている草花に興味津々!
ガイドさんの説明を真剣に聞いています。
私達も一緒に聞かせてもらって、
普段知ることができない草花の名前の由来など教えてもらいました。

山頂では、お弁当を頂く予定でしたが雨も大粒になってきて、早々に下山。
思っていたより大変でしたが良い思い出になりそうです(^^)

yashitasan3.jpg

帰りには温泉にも寄って冷えた体を温めてほっこり
そこには野菜の販売所があって懐かしい野菜「ルバーブ」に再会しました。
yashitasan2.jpg

2014年8月にスウェーデン海外研修に行った時に初めてルバーブを見ました。
ルバーブは酸っぱい野菜で甘く煮詰めてジャムなどにするそうです。
研修では、一口かじらせてもらって酸っぱさを確認。
先生からの質問は
「お口の中が酸性になると、どういう事が起こるか?」
というものでした。
ルバーブが酸性食品の代表として取り上げられて
①口の中が酸性になった時の変化
②その後、唾液によりどのように中性になっていくか
③口の中が酸性になること
④虫歯との関係
などをディスカッションしました。
ルバーブを食べる体験と、虫歯についての新しい知識が一緒になった
スウェーデンでのとても素晴らしい研修でした

yashitasan.JPG
マルメ大学 リーナ・カンタース助教授

スウェーデンの短い夏をルバーブで思い出させてもらいました。
こんな所で思いがけず懐かしさに再会できて嬉しかったです