ハブラシと糖尿病

こんにちは、歯科衛生士の片沼です
毎日、厳しすぎる暑さが続いています。
皆様、どうぞしっかり水分補給をして体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね

そんな暑い夏に負けず(笑)、今回、2つのセミナーに参加してきました
当院でも販売しているハブラシメーカーであるGC主催の、
ルシェロの処方するブラッシングセミナーに参加してきました。

歯ブラシを買うとき何をポイントに選んでますか?
デザインや価格、毛先など様々な歯ブラシが販売されていて、選ぶのに迷ってしまいませんか?

歯ブラシもお口の状態、歯並び、磨き方などなど
その方にとって本当にあった歯ブラシを処方することで、お口の環境をよりよく保つことができます。
お口にあった歯ブラシを処方させて頂くので、気になる方はお気軽にお声掛けくださいね 
IMG_5094.jpg


そしてもう一つは、
医学博士・糖尿病専門医である西田亙先生の糖尿病セミナーに参加してきました
歯磨きをしていて出血するのは歯茎の炎症(歯肉炎)によるものですが、
この炎症が影響を与えているのはお口の中だけでなく、血糖値をあげる原因の一つにもなっているのです。
歯周病はお口の中で、火事までには至らない「ボヤ」が起きている状態のようなものです。
大きな火事であれば直ぐに消火作業が行われますが、「ボヤ」のため気付かず放置されてしまいます。
そして、そのボヤからでる煙:悪玉ホルモンが放出され、血管を通って全身へ様々なダメージを与えるのです。
歯茎の炎症はなかなか痛みを感じにくいため、ついついクリーニングなど後回しになってしまうかもしれませんが、
そのままにしていると一生にわたって体へ負担をかけ続けてしまう可能性があります。
西田先生は糖尿病予防ができる歯科衛生士と言う職業を高く評価して下さっていて、
生まれ変わったら歯科衛生士になりたいとおっしゃってました
お口だけでなく全身の健康のためにも、定期的にクリーニングで守っていきましょう!
IMG_5093.jpg
みなさん~こんにちは!歯科衛生士の井澤紀代子です

梅雨真っただ中
どんよりとした曇り空や寒い雨の日が続きがちですが、
みなさんお変わりありませんか?(*^^*)

この梅雨空をはねのけるような赤や青・紫・白と力強く華やかに咲く紫陽花は、
ぱぁ~っと周りを明るく元気にしてくれます

自然の力ってすごいですね~~!そんな紫陽花が私は大好きです
 
iage.jpeg
 
山スマメンバーは梅雨でも元気いっぱいです 
6月8日(金)は診療をお休みさせて頂き、
院長とスタッフ全員で神奈川県伊勢原にある、つじむら歯科医院に見学に行って参りました。
 
つじむら歯科医院の院長である辻村傑先生は、
「歯科医院を楽園にしたい」「歯科医院にすべての人が笑顔で来院する」
という熱い想いで、日本の保険制度の枠にとどまらない
予防中心の歯科医院作りをされています。

その想いが詰まったつじむら歯科医院は正に夢の国楽園です
高級リゾートに来たような解放感と洗練されたセンスあるインテリアの数々、
入口に入ったとたん、リラックスできるアロマの香り
パウダールームなどもあります。

すべてが桁違いでした!!

 そして治療や予防では、
「口腔の健康から全身の健康へ」「検査なくして医療なし」「最良で最上の創造型歯科医療
という熱い想いをお持ちで、保険治療の規制に囚われず、
さらに、「先制防衛型医療」を行うために「ここに無いもの創り出す」という信念で研究し続け、
歯ブラシやペーストなどを作りだしている辻村先生には圧倒されっぱなしでした。

スタッフや歯科衛生士の皆さんのスキルアップし続けている姿に刺激を受けました

 お口の健康は全身の健康に繋がります。
人生100歳時代。
美味しく食べること、大きなお口を開いて笑うことは人生の最大の喜びです。

 私たち山下スマイル歯科のスタッフは今回のつじむら歯科医院見学の学びを生かし、
患者様一人一人の長い健康を維持できる、未来を見据えた診療を提供していきたいです

image3.jpeg

私たちと皆さんとの二人三脚で歯とお口の健康を大切にして、
笑いあふれるHAPPYLIFEをこれからもどんどん作っていきましょう(^^)

院長をはじめ山スマメンバー全員でサポートさせて頂きます

 

こんにちは!歯科衛生士の矢下幸恵子です
季節は、梅雨
スッキリしない日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

実は先月、山下スマイル歯科のメンバーでトレッキングに行ってきました
場所は長野県南部にある「入笠山」
途中まではゴンドラで上がって山頂までの標高差200mを登ってきました。

はとバスツアーで行ったのですが、バスを降りると
緑豊かでマイナスイオンが溢れる山の中腹でした

yashitasan4.jpg
ただ、残念なことにそれまでは大丈夫だった空模様が怪しい雰囲気に・・・
小雨が降る中登ることになりましたが、途中には一面すずらんが自生している湿原に!!
都会にはない景色の中、足を進めました。

私達以外の参加者の皆さんは比較的年配の方が多かったのですが、
どの方もお元気で、コース脇に生えている草花に興味津々!
ガイドさんの説明を真剣に聞いています。
私達も一緒に聞かせてもらって、
普段知ることができない草花の名前の由来など教えてもらいました。

山頂では、お弁当を頂く予定でしたが雨も大粒になってきて、早々に下山。
思っていたより大変でしたが良い思い出になりそうです(^^)

yashitasan3.jpg

帰りには温泉にも寄って冷えた体を温めてほっこり
そこには野菜の販売所があって懐かしい野菜「ルバーブ」に再会しました。
yashitasan2.jpg

2014年8月にスウェーデン海外研修に行った時に初めてルバーブを見ました。
ルバーブは酸っぱい野菜で甘く煮詰めてジャムなどにするそうです。
研修では、一口かじらせてもらって酸っぱさを確認。
先生からの質問は
「お口の中が酸性になると、どういう事が起こるか?」
というものでした。
ルバーブが酸性食品の代表として取り上げられて
①口の中が酸性になった時の変化
②その後、唾液によりどのように中性になっていくか
③口の中が酸性になること
④虫歯との関係
などをディスカッションしました。
ルバーブを食べる体験と、虫歯についての新しい知識が一緒になった
スウェーデンでのとても素晴らしい研修でした

yashitasan.JPG
マルメ大学 リーナ・カンタース助教授

スウェーデンの短い夏をルバーブで思い出させてもらいました。
こんな所で思いがけず懐かしさに再会できて嬉しかったです
こんにちは!!スマイルコーディネーターの定光祐美です
過ごしやすい時期になりましたね
暖かくなるのが楽しみではありますが、
花粉症の私にとってはティッシュが手放せない時期でもあります

先日、スマイルコーディネーターの坂本さんと一緒に
サンフォートさんの口腔内写真の講習会に行かせていただきました。
口腔内写真とはお口の中を撮影したカラー写真の事です。

Scan2018-04-07_144817.jpg

こちらは坂本さんに撮っていただいた私の口腔内写真です。
山下スマイル歯科では、現状の記録と治療の効果やクリーニングの際の説明資料として、
皆様に定期的に口腔内写真にご協力いただいています

なかなか自分の口の中を写真で見ることがないので、
私自身も初めて撮った時はじっくり見てしまいました

今まで虫歯治療をしたところや歯茎の炎症も分かり客観的に自分の口の中を知れました
鏡で見るだけでは限界がありますが、こうした写真を見ることで理解も深まり、
歯みがきへのモチベーションも高まります

そして簡単に撮っているように見えて実際、撮影してみると難しいのです( ;∀;)
椅子の高さや、自分の見る角度によって写真の出来が変わってきます。
半日しっかりと、サンフォート鈴木社長直々に指導を受け基礎を学んできました

IMG-0320.JPG

そして医院に戻ってもスタッフに協力して頂いて練習を重ねています。
人によってお口の大きさが違うので臨機応変に対応できるように頑張ります
学びの機会を与えてくださった院長に感謝します
スタッフの皆さまもいつも練習に付き合ってくださり、ありがとうございます
こんにちは!スマイルコーディネーターの中島です
2月に入り、ますます寒くなりましたね!
今年は雪もたくさん降り季節を感じて嬉しい反面、私は寒さに耐え忍んでいます
インフルエンザも流行っているようですが、皆様体調は崩されていないでしょうか?
無理をせず、今しかない冬を楽しみましょう

そんな最近の私は身体はとても元気でしたが、少し前から、歯がしみるところがありました(*_*;

患者様には、「お困りあればすぐご連絡下さい!」
と伝える割には、どうしても自分は後回しになってしまうものです


症状が段々と大きくなっていったので、歯科衛生士の片沼さんに相談し、
しみる部分のみ埋めてもらうことになりました。
定期的にクリーニングはしてもらっていますが、治療自体は10年ぶりくらいです!
やはり少し緊張はしたものの、
いつも近くで見ている院長の治療なので安心して受けることができました

そして治療後はとても快適です!
我慢せずもっと早く相談していれば良かったです


当院で最近エステハイブリットの治療をした方の画像です。
この治療法のメリットは、
最小限の虫歯の除去で治療ができ、健康な歯の部分を最大限に生かすこと
が出来ることです。
治療前                  治療後
171205-004.jpg       180129-009.jpg


今回の私の場合は虫歯になっていなかったので良かったものの、
しこのまま我慢し続けていたら、症状がひどくなり虫歯になっていたかもしれません。
そう思うととても恐いですね!

私は、スマイルコーディネーターとして、
患者様のカウンセリングを担当させてもらっています。
カウンセリングでは、よく
「このくらいの痛みで歯医者に行くのもなあと思って我慢してたらひどくなりました」
と仰る患者様がとても多く、悪化しているケースもあるので早く力になりたかった!と思います

山下スマイル歯科では、いつでもどんなことでも相談できる
お口の中のホームドクター」を目指しています。
また、マイクロスコープ治療や専門医との連携も行い、最善の治療を追及しています。
まずはお気軽に、スタッフにご相談くださいね
予防歯科とマイクロスコープを用いたハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする
山下スマイル歯科 院長の山下圭造です。
2018年1月10日朝日新聞の記事より、
「口まわり」のトラブルが、将来の死亡リスクを高める可能性がある。
そんな調査結果を東京大学などの研究チームがまとめたという記事がありました。

asahi2018110.jpg
具体的な内容は下記の通りです。
①残っている歯が20本未満
②かむ力が弱い
③口を巧みに動かせない
④舌の力が弱い
⑤かたい食品が食べづらい
⑥むせやすい
上記の6項目を調査。3項目以上該当したグループは、ゼロのグループに比べて、4年後の死亡率が2.09倍、介護が必要になった割合は2.35倍だった。

当院では、2009年に、当院で10年以上定期クリーニングを行っている方の歯の残っている本数を調べました。その結果は、80~84歳の方の、全国平均は12.2本(平成23年歯科実態調査より)ですが、
当院で10年以上定期クリーニングを続けていらっしゃる方の平均本数は19.3本でした。

180112.jpg
定期クリーニングに通院いただき、平均を大幅に上回る歯の本数が残っている多くの方々が
とてもお元気なことを日々感じ、逆にエネルギーをいただいています。
今回お口の健康と死亡リスクや健康の状態と密接に関係することがデータで出たことで、
歯科医院の役割の大きさを改めて感じています。
今回のデータから学び、今後も予防歯科とハイクオリティー歯科をさらに進化させ、健康に貢献していく決意です。

年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
当院の年末年始の診療に関しまして、ご案内させていただきます。

 2017年12月28日(木)まで診療
 2017年12月29日(金)~ 2018年1月4日(木)
 まで休診
 2018年1月5日(金)からは通常診療となります。

2018年も予防歯科とハイクオリティー歯科で、
美しい歯と健康を大切にする歯科医院づくりに邁進いたします!
来年もよろしくお願いいたします

 こんにちは、スマイルコーディネーターの小川裕香子です

先日、山下スマイル歯科のメンバーで女子
レスリング金メダリスト吉田沙保里さん、女子レスリング監督の栄和人監督のスペシャルセミナーに参加させていただきました

普段はテレビの中でしか見ることのできないお二人を生で見る事ができ、さらに漫才を見ているかのような掛け合いで、楽しいお話を聞かせて頂き、とても充実した時間でした。

吉田選手が容赦なく監督にツッコミを入れられる関係性はお互いに信頼しあい、
お互いを知り尽くしているからこそできるのだと感じました。
そんな関係性だからこそ霊長類最強女子と言われる吉田選手を生み出したのだと確信しました

 

吉田選手のお話で印象的だったことはたくさんありました

リオオリンピックで後輩たちが金メダルを取る中、自分も絶対に負けられないと言う、
自らプレッシャーをかけてしまった結果、銀メダルという結果に終わってしまった。
そこで初めて、負けた人の気持ちがわかったそうです。
「人は失敗してからでないと気づかない事がある。」という言葉や、
「1位は決勝で勝った人、3位は敗者復活戦で勝ちあがった人、2位は負けてもらえるメダル」
と言う言葉を聞いて、志の高い人だなと思いました。

他にも、
「監督はしつこくて嫌で仕方がなかった存在だったけれど、勝ち続けたら監督の言っている事が分かるようになった」
自分の持っているものを全て出す。練習も手を抜かない」
相手のことを研究しても、自分のことを知らないと勝てない」
という言葉が印象的でした。

これらの言葉はスポーツの世界だけではなく、他の世界でも通用すると思います

私達医療の現場は患者様に対して失敗をすることは絶対にあってはならないし、日々進化し続けるのが現状です。
治療の方法も昔とは違うし昔のままではいけないのです。

山下スマイル歯科では、 色々な勉強会に参加し、練習にも手を抜かない。
自分の得意な事と不得意な事(強みと弱み)を知り自分自身を成長させることを行っています
自分に限界を作らないところは吉田選手と同じだと思います()

 

栄監督は見た感じ、強面に見えるのに、とっても面白くてしゃべり方もとても穏やかで温かい方でした。
監督ご自身もレスリングの選手でしたが、その時に患った病気がきっかけで引退を余儀なくされたそうで、

その後何かやり残したことはないかと思い、女子レスリングの監督をすることになったそうです。

強い選手を作りたいという熱い思いから、
指導者と選手の考えを一つにすることを意識したそうです。

強い選手を作る為、結果を残すために大学の近くに選手寮を建てて
肉体的、心理的な状態、技術等をすべて把握し、サポートに取り組んだそうです
当時女子レスリングはマイナーな競技でしたが、女子レスリングがオリンピック競技になった時、
嬉しさとプレッシャーに押しつぶされそうになったことなどを教えてくださいました。

最後に本物の金メダル3つと銀メダル1つを見せていただけたことがとても興奮ました。お二人の話を聞いて、来年の仕事への取り組み方の参考になりました

DSC02728.JPG