こんにちは!スマイルコーディネーターの中島です
2月に入り、ますます寒くなりましたね!
今年は雪もたくさん降り季節を感じて嬉しい反面、私は寒さに耐え忍んでいます
インフルエンザも流行っているようですが、皆様体調は崩されていないでしょうか?
無理をせず、今しかない冬を楽しみましょう

そんな最近の私は身体はとても元気でしたが、少し前から、歯がしみるところがありました(*_*;

患者様には、「お困りあればすぐご連絡下さい!」
と伝える割には、どうしても自分は後回しになってしまうものです


症状が段々と大きくなっていったので、歯科衛生士の片沼さんに相談し、しみる部分のみ埋めてもらうことになりました。
定期的にクリーニングはしてもらっていますが、治療自体は10年ぶりくらいです!
やはり少し緊張はしたものの、いつも近くで見ている院長の治療なので安心して受けることができました

そして治療後はとても快適です!
我慢せずもっと早く相談していれば良かったです


当院で最近エステハイブリットの治療をした方の画像です。
この治療法のメリットは最小限の虫歯の除去で治療ができ、健康な歯の部分を最大限に生かすことが出来ることです。
治療前                  治療後
171205-004.jpg       180129-009.jpg


今回の私の場合は虫歯になっていなかったので良かったものの、もしこのまま我慢し続けていたら、もっと症状がひどくなり虫歯になっていたかもしれません。
そう思うととても恐いですね!

私は、スマイルコーディネーターとして、患者様のカウンセリングを担当させてもらっています。
カウンセリングでは、よく、
「このくらいの痛みで歯医者に行くのもなあと思って我慢してたらひどくなりました」
と仰る患者様がとても多く、お口の状態を見るとやはり悪化しているケースもあるので、もっと早く力になりたかった!と思います

山下スマイル歯科では、いつでもどんなことでも相談できる「お口の中のホームドクター」を目指しています。
また、マイクロスコープ治療や専門医との連携も行い、最善の治療を追及しています。
まずはお気軽に、スタッフにご相談くださいね
予防歯科とマイクロスコープを用いたハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする
山下スマイル歯科 院長の山下圭造です。
2018年1月10日朝日新聞の記事より、
「口まわり」のトラブルが、将来の死亡リスクを高める可能性がある。
そんな調査結果を東京大学などの研究チームがまとめたという記事がありました。

asahi2018110.jpg
具体的な内容は下記の通りです。
①残っている歯が20本未満
②かむ力が弱い
③口を巧みに動かせない
④舌の力が弱い
⑤かたい食品が食べづらい
⑥むせやすい
上記の6項目を調査。3項目以上該当したグループは、ゼロのグループに比べて、4年後の死亡率が2.09倍、介護が必要になった割合は2.35倍だった。

当院では、2009年に、当院で10年以上定期クリーニングを行っている方の歯の残っている本数を調べました。その結果は、80~84歳の方の、全国平均は12.2本(平成23年歯科実態調査より)ですが、
当院で10年以上定期クリーニングを続けていらっしゃる方の平均本数は19.3本でした。

180112.jpg
定期クリーニングに通院いただき、平均を大幅に上回る歯の本数が残っている多くの方々が
とてもお元気なことを日々感じ、逆にエネルギーをいただいています。
今回お口の健康と死亡リスクや健康の状態と密接に関係することがデータで出たことで、
歯科医院の役割の大きさを改めて感じています。
今回のデータから学び、今後も予防歯科とハイクオリティー歯科をさらに進化させ、健康に貢献していく決意です。

年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
当院の年末年始の診療に関しまして、ご案内させていただきます。

 2017年12月28日(木)まで診療
 2017年12月29日(金)~ 2018年1月4日(木)
 まで休診
 2018年1月5日(金)からは通常診療となります。

2018年も予防歯科とハイクオリティー歯科で、
美しい歯と健康を大切にする歯科医院づくりに邁進いたします!
来年もよろしくお願いいたします

 こんにちは、スマイルコーディネーターの小川裕香子です

先日、山下スマイル歯科のメンバーで女子
レスリング金メダリスト吉田沙保里さん、女子レスリング監督の栄和人監督のスペシャルセミナーに参加させていただきました

普段はテレビの中でしか見ることのできないお二人を生で見る事ができ、さらに漫才を見ているかのような掛け合いで、楽しいお話を聞かせて頂き、とても充実した時間でした。

吉田選手が容赦なく監督にツッコミを入れられる関係性はお互いに信頼しあい、
お互いを知り尽くしているからこそできるのだと感じました。
そんな関係性だからこそ霊長類最強女子と言われる吉田選手を生み出したのだと確信しました

 

吉田選手のお話で印象的だったことはたくさんありました

リオオリンピックで後輩たちが金メダルを取る中、自分も絶対に負けられないと言う、
自らプレッシャーをかけてしまった結果、銀メダルという結果に終わってしまった。
そこで初めて、負けた人の気持ちがわかったそうです。
「人は失敗してからでないと気づかない事がある。」という言葉や、
「1位は決勝で勝った人、3位は敗者復活戦で勝ちあがった人、2位は負けてもらえるメダル」
と言う言葉を聞いて、志の高い人だなと思いました。

他にも、
「監督はしつこくて嫌で仕方がなかった存在だったけれど、勝ち続けたら監督の言っている事が分かるようになった」
自分の持っているものを全て出す。練習も手を抜かない」
相手のことを研究しても、自分のことを知らないと勝てない」
という言葉が印象的でした。

これらの言葉はスポーツの世界だけではなく、他の世界でも通用すると思います

私達医療の現場は患者様に対して失敗をすることは絶対にあってはならないし、日々進化し続けるのが現状です。
治療の方法も昔とは違うし昔のままではいけないのです。

山下スマイル歯科では、 色々な勉強会に参加し、練習にも手を抜かない。
自分の得意な事と不得意な事(強みと弱み)を知り自分自身を成長させることを行っています
自分に限界を作らないところは吉田選手と同じだと思います()

 

栄監督は見た感じ、強面に見えるのに、とっても面白くてしゃべり方もとても穏やかで温かい方でした。
監督ご自身もレスリングの選手でしたが、その時に患った病気がきっかけで引退を余儀なくされたそうで、

その後何かやり残したことはないかと思い、女子レスリングの監督をすることになったそうです。

強い選手を作りたいという熱い思いから、
指導者と選手の考えを一つにすることを意識したそうです。

強い選手を作る為、結果を残すために大学の近くに選手寮を建てて
肉体的、心理的な状態、技術等をすべて把握し、サポートに取り組んだそうです
当時女子レスリングはマイナーな競技でしたが、女子レスリングがオリンピック競技になった時、
嬉しさとプレッシャーに押しつぶされそうになったことなどを教えてくださいました。

最後に本物の金メダル3つと銀メダル1つを見せていただけたことがとても興奮ました。お二人の話を聞いて、来年の仕事への取り組み方の参考になりました

DSC02728.JPG

皆様、こんにちは
一段と寒さが厳しくなったこの頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。
受付の名倉です
先日、山下スマイル歯科では毎年の恒例行事である大感謝講演会が行われました!
今回で第9回目を迎え、毎年充実した時間をスタッフ全員で共有出来る貴重な一日です。


今年は外部講師として、3名の先生にご講演いただきました。
まず、以前山下スマイル歯科で勤務されており、現在は福岡県で開業されている本田秀光先生。
開業してからの一年間を振り返り、歯科医院の紹介や開業に至るまでの経緯、
現在の治療においてのこだわりなど、惜しみなくお話しして下さいました。

勤務されていた時に院長から教わったことが様々なところに息づいており、
山下スマイル歯科をルーツと感じて下さっていることがとても嬉しかったです
DSC02562.JPG



そして当院に月に一度、歯科衛生士の研修に来て下さっている下川床里美先生。
今年マンハッタンへ行かれた際に出会った、
ニューヨークで活躍されている二人の日本人女性についてご紹介下さいました
化粧品ブランド『THREE』のメイクアップクリエイティブディレクターを務める、
RIE OMOTOさん。
日本とアメリカで歯科衛生士のダブルライセンスを持つ、山本祐子さん。
お二人の、私からしたら尻込みしてしまうような大きな課題に、
果敢にチャレンジされている姿勢が素晴らしく、かっこいい生き方に憧れを持ちました。


最後に、昨年も衛生管理についてご講演いただいた柏井伸子先生。
今回は衛生管理に加え、柏井先生の人生を変えたインプラントとの出会いや
偉大な教授との出会いのお話を聴かせて下さいました。
柏井先生のお話を伺い、人との出会いとご自身の行動力で人生を切り開き、
歯科界に多大な影響を与え続けて下さっている姿に感動しました。
『歯科関係者が安心して働ける環境をつくる』という信念を基に、ご尽力下さっていることに
感謝するとともに、山下スマイル歯科でもより一層衛生管理に真摯に向き合ってまいります。

DSC02589.JPG


さらに、山下スマイル歯科からも3名の発表がありました

スマイルコーディネーターの小川裕香子さんからは、患者さんとのかかわり方について。
歯科医院にお越しになる患者さんは、歯科が苦手であったり、
忙しい合間を縫って来て下さっていたり、様々かと思います。
そういったお話を歯科医師にはなかなか言いづらいかと思いますが
その橋渡しをしてくれる役割が当院のスマイルコーディネーターです。
小川さんは持ち前の人懐っこさと、勉強会で学んだスキルを活かして、
患者さんととても良い関係性をつくって下さっており、その秘訣を垣間見ることが出来ました。


2人目は、8月から当院でスマイルコーディネーターとして勤めて下さっている定光祐美さん。
普段から明るく、とても熱心に仕事に取り組んでくれている定光さんが、
山下スマイル歯科で働くに至るまでのお話をして下さいました。
初めて聞く話もあり、これから山下スマイル歯科で、
ますます活躍していってくれることがさらに楽しみになりました


今年は院長からも発表がありました。
歯の保存治療をした患者さんの経過を多数見せていただきました。
患者さんが長い間悩まれていた状態の悪い歯も、
マイクロスコープを使用した保存治療を行うことで長期に渡って使うことが可能であると
画像を用いて分かりやすい説明がありました。
日々診療に追われていると、そういった経過をじっくり見る機会があまりないので、
スタッフ全員で共有することが出来、ありがたかったです。
山下スマイル歯科の理念(コンセプト)についても改めてお話があり、再確認することが出来ました。


振り返ってみても、一日とは思えないほど濃厚な内容だったと感じます。
貴重なお話を伺うことで、気持ちを新たにし、
患者さんに山下スマイル歯科に来てよかったと思っていただけるようにまた頑張ろうと思えます。
今年も残り少なくなってまいりましたが、悔いの残ることのないよう気を引き締めていきたいと思います。


DSC02595.JPG
皆さん、こんにちは!歯科衛生士の片沼です
日に日に寒さが増してきてますがいかがお過ごしでしょうか。
 
先日、歯科衛生士の井澤さん、関口さんと共に
歯科界で有名な大阪
大学の天野敦雄先生のセミナーへ行き、
歯周病の歴史にはじまり、最新の病因論を学んできました
 CM170910-164923002.jpg
 

実は歯周病はギネスブックにも載っているにはご存知でしょうか。
2001年のギネスブックに「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。
地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」と記載されています。
この誰でも発症してしまう歯周病をいかに進行させない様にするにはどうしたらいいのか。
 
リスクの大元である歯垢(プラーク)は、いわば細菌の塊です。
その細菌の塊は、細菌同士が協力して時間とともに病原性を高めていきます。
なのでハミガキやフロス、歯間ブラシなどを使って歯垢(プラーク)を除去します。
 
 
しかしご自身で歯垢(プラーク)を除去するには限界があります。
歯科衛生士がしっかりと歯周病のリスクとなる原因を取り除き、健康なお口を守っていきます
 
これからもその技術、知識を高めて一人でも多くの患者様に還元していきたいと実感しました
 
 
そして一足先に山下スマイル歯科では大掃除を行い、
窓拭きや普段はなかなか手が届かないところまで、メンバー全員でピカピカにしました!
快適になった院内で、お口の中も綺麗にしていきましょうね
 

DSC02148.JPG

歯磨き剤について☄

こんにちは!歯科衛生士の矢下です

朝・晩、過ごしやすくなってきましたね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。


今回は歯磨き剤のフッ素濃度についてお伝えします

今まで日本国内では、フッ化物配合歯磨剤のフッ素配合上限が1000ppmでしたが、
今は、国際基準(ISO)と同じ1500ppmを上限として許可されました
これは、山下スマイル歯科にとってとても嬉しい変化です

フッ素濃度1500ppm歯磨剤は1000ppmより、う蝕発生を低減することが報告されています。
2014年8月にスウェーデン海外研修に行って、虫歯予防について学んできました。
虫歯予防にはフッ素がとても重要で、歯科医院でフッ素を塗るのももちろん大切ですが、
ホームケアでも上手にフッ素を残すことも大切です。
DSC02143.JPG


こちらはスウェーデン研修での資料なのですが、
グラフからもお分かりのように1450ppmまではフッ素濃度が上がれば虫歯予防効果があがり、
1450ppm以上になるとフッ素濃度が上がっても虫歯効果があまり変わりません。
こういった理由から、今は1450ppmの濃度が世界基準となっています。
日本でもやっと世界基準になって虫歯予防がもっと効果的にできるようになりました
ただメーカーによっては、
まだ世界基準になっていない歯磨き剤もあるのでよく見て購入してみてくださいね。


お勧めは、ライオンの「チエックアップ・スタンダード」です。
こちらは歯科医院専用のものなので歯医者さんで購入できます

DSC02144.JPG

DSC02145.JPG

1450ppmの高濃度なのはもちろん、
少ない泡立ちでやさしい香味なので無理なくお口の中にフッ素を残せます。

今まで歯科関係者は海外旅行をすると、お土産や自分用に
1450ppmの歯磨き剤を大量に買って帰ってましたが、
これからは日本でも手に入るのでそういう事がなくなるかもしれませんね


世界基準への変化は、患者さん達にも嬉しいお知らせだと思います
毎日、使う歯磨き剤なので効率的に虫歯予防ができそうですね!

これからも山下スマイル歯科では最新の情報・技術を提供していきます。
また皆さんと二人三脚で虫歯予防に励んでいきますねッ(*^^*)

七夕まつり♪

みなさんこんにちは!歯科衛生士の井澤紀代子です
毎日暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?

さて、山下スマイル歯科の地元、阿佐ヶ谷では
毎年恒例、夏の風物詩「七夕まつり」が この8月4~8日まで行われました。
連日沢山の人出で賑わい、大いに盛り上がりました

当院では、ユニフォームをアロハシャツに変更し、皆様に涼しさをお届けしています

DSC02411.JPG


実は「七夕まつり」、始まる2日前の夜には「笹上げ」という準備があります
シンボルとなるべく巨大な竹を立てる大事な準備で

これは全長数メートルにも及ぶもので、
町内会の多くの皆さんの協力のもと、力を合わせて立てられるものです。

今年も町内会の皆さんをはじめ、
院長、スタッフの力で見事な笹上げができました

もちろん山下スマイル歯科の患者様の思いを込めた、
短冊の数々も笹に飾らせていただきました

image3.JPG

私も毎年この行事に参加させていただき
「患者様のお口の健康を通じて皆さんがハッピーになれるように
という想いを一緒に笹上げさせていただいております。

とても一人では持ち上げることのできない大きな笹でも 、
たくさんの力があれば大空に向かって立てることができます。

私も患者様に少しでも貢献し、
最高の笑顔を見せていただけるよう、山下スマイル歯科のメンバーと共に力を合わせて、
大きな想いを実現できればと思っています。

改めて、町内会の皆様、そして院長、スタッフの皆お疲れさまでした

もう少し続く暑い夏を元気に乗り切っていきましょう^^