こんにちは、スマイルコーディネーターの小川です
スマイルコーディネーターという仕事は、治療のアシスタント以外に

はじめていらっしゃった患者さんのコンサルテーションなどを通じて
患者さんと会話する機会がとっても多い役目です。

当院ではサポートシステムを導入しており、担当のスマイルコーディネーターが、
「治療で困っていることはないか、もっとこうしてほしいという要望はないか」など
治療に関するお話を聞かせて頂いています。

そんな私が近頃思う事。

みなさんは、「病院(医院)」というところにどんなイメージがありますか?
私は「できれば行きたくないところ」というイメージがあります
私と同じような方も少なくはないと思います。

しかし、私が病院側(医院側)で働く立場になってから、全く正反対の考えに変わりました。
自分では行きなくないところなのに

というのは、
治療に通っていただいている間にたくさんの方と歯科以外のお話もできるのが楽しくて、
「もっと詳しくお話聞きたい
‼️」「いろいろ教えて頂きたい」と思うことがあるからです

例えば、お料理や編み物を趣味としている方、
同年代の子供がいるお母さん、海外によく行かれる方など、
職場と自宅の往復ではなかなか知ることのできない話題が満載なのです。

あまりにもお話が盛り上がって、院長が後ろで待っていてくれることもあります(笑)

なので治療が終わってしまうと、
患者様にとっては嬉しいことなのに私はなんだか寂しくなってしまいます

しかし当院は幸いにも予防歯科

怪我や風邪などは治ればそれっきり通い続ける事はなくなっても、
歯科は、一生自分の歯で美味しいものをしっかり噛んで、
虫歯のない綺麗なお口の中を保つために3~4ヵ月に一度
定期的に通っていただくことが大事になってきます。

患者様ご自身のためにも、
そしてお話ししたくて仕方がない私のためにも定期的に通っていただけると嬉しいです

スタッフ一同心よりお待ちしております

こんにちは
歯科衛生士の関口です。
暖かくなってくると、気持ちも明るくなりますね!
皆さま、いかがお過ごしですか?
 
春になるとお子様の表彰の時期だなあと、
毎日予約表を見てワクワクします

最近、表彰をさせて頂いた患者様のお写真です(^^)
皆さま喜んで下さるので、私たちも嬉しくなります!!
 
(ご本人・ご家族の許可を得た写真だけを掲載しております。)
DSC02085.JPG
DSC02081.JPG
DSC02079.JPG
DSC02066.JPG
DSC02060.JPG
DSC02053.JPG
DSC02047.JPG
 
 DSC02015.JPG
 
こんなにたくさんのお子様が、長年当院に通っていると思うと嬉しいです
生えかわりの時期の永久歯は,とても虫歯になりやすいです。
お家でできるケアと歯医者さんでできるケア、
この2つの組み合わせで一生使っていく大切な歯を、しっかり守っていきましょう
 
虫歯ゼロを目指して頑張りましょうね
これからも見守らせて下さい
こんにちは!受付の名倉です
もうすぐ4月だというのに、肌寒い日が続いていますね。
コートなしでも外出できるような陽気が待ち遠しいです。
当院の待合室では、彼岸桜が花を咲かせ春の訪れを感じさせてくれています

DSC02353.JPG


今回は患者さんからこの時期によくご質問をいただく、
医療費控除についてお話ししたいと思います。

医療費控除とは、
一年間(1月1日から12月31日)に支払った医療費が
10万円以上だった場合 (年収によっては10万円以下でも可)に適用され、
医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度です。
ご本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。
歯科治療においては、保険のきかない自由診療による治療費や、
子さんの不正咬合のための歯列矯正の治療費等が対象となり得ます
 
詳しくは国税庁のホームページをご参照ください。

医療費の領収書等を確定申告書に添付する必要がありますので、
領収書等は大切に保管されることをおすすめ致します。

ご不明な点やご質問などございましたら、いつでもお問い合わせください


当院からのお知らせです。
山本歯科医師が海外にて歯科医療に従事するため、4月末に退職いたします。
予約の取りづらい状況が続いていることを、お詫び申し上げます。
現在、初めて来院される患者様は当院の患者様の紹介のある方に限らせていただいております。
何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。
皆さん、こんにちは
 
歯科衛生士の片沼です
ようやく太陽の暖かさを感じるようになりましたね!
夜になるとまだまだ寒さに堪えてしまいますが
体調管理に気を付けないとですね
 
さて先日、北米の感染予防の専門会社SciCan社のクリストフ様と関村様を招いて
感染予防について講演していただきました。
 
 
 DSC_9929.JPG
 
講演していただいたことで、薬品や器材などの目ざましい発展、
ろんな感染予防対策について学ぶことができました
 
 
以前様々なメディアで歯科医院の衛生管理について取り上げられました。

歯を削る医療機器を滅菌せず、使い回している歯科医療機関が
約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。
患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、
研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。
歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。
標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、
使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。
                 (平成26年5月18日読売新聞の記事より一部抜粋)

イメージ画像
 

当院では歯を削る医療機器も患者様ごとに内部洗浄し、
高圧蒸気滅菌したものを使用しています。
また、清潔な使い捨て(ディスポーサブル)用品を多用しています。
 
患者様により安心に診察を受けて頂くために、
衛生管理をさらに徹底し、知識を深め、
安全な医療を提供すべく、これからも努力してまいります
 

こんにちは、歯科衛生士の井澤紀代子です
2017年も穏やかに明け、
みなさん新たな思いを胸に新年への希望に満ちていることと思います

さて私たち、山下スマイル歯科では、
「予防歯科とハイクオリティー歯科で、美しい歯と健康を大切にします
とミッションを掲げ、院長とスタッフ全員で元気に始動しています

ちなみに上記の医院全体のミッションの他にも
各自で年間目標設定を立てています。

そこでは年間目標設定シートという用紙があり、
「仕事における一番の目標」
「具体的な行動目標」
「思い切り明確な決意表明!」
「成功のセルフトーク(勇気・癒される言葉)」
「1年後の自分へのメッセージ」
など、具体的に目標を言葉にしたものを提出しています。

さらに目標を達成するために予測される問題点や解決策なども考えます

これらは各自で冬休みの間にしっかり考え、新年の初出勤日に提出し、
朝のミーティングの時に見て、いつも気持ちを新鮮にしています

さらにスタッフルームのホワイトボードに1年間の目標も書き入れます。
もちろん院長も例外ではありません。

ちなみに私の2017年目標は、
「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。」
です。

DSC02049.JPG

これは宮本武蔵の言葉です。

武蔵は鍛錬の「鍛」を「毎日続けて千日やること」
そして「錬」とは「毎日継続して実行して万日やること」だといっています。

つまり私にとって、
「日々のスキルのトレーニングを怠らず、
新しい知識を貪欲に取り込み、日々患者様に貢献していく」
という事に他なりません。

2017年はこの目標を掲げ患者さんとさらに親身に接し一人でも多くの方に、
「お口の健康とハッピーライフの貢献をしていきたいと思っています

みなさん、どうぞよろしくお願いいたします

予防歯科とハイクオリティー歯科で歯と健康を大切にする
山下スマイル歯科 院長の山下圭造です。
今年は穏やかな天候に恵まれ、素晴らしいお正月を迎えることができました。

DSC_9768.JPG

去年の3月には当院の歯科衛生士の片沼と関口が
第二種滅菌技士の認定資格を取得しました。

DSC02018.JPG

11月、毎年恒例の1大感謝講演会では、感染予防・衛生管理で有名な
日本歯科大学東京短期大学非常勤講師の柏井伸子先生に講演していただきました。
そして、実際に医院の衛生管理の仕組みを見て下さり、
直接具体的なアドバイスいただくことができました。

山下スマイル歯科では、「目に見えない衛生管理を大切にします」を掲げ
歯を削る機械にいたるまで、高圧蒸気滅菌を行ってきましたが、
さらに学びを深めて医院全体で衛生管理・感染予防を徹底していきます。

また、6月には当院の歯科衛生士の井澤が予防歯科先進国スウェーデンのマルメ大学にて
予防歯科研修に参加し、多くのことを学ぶことができました。

P1010325.JPG


2014年に同研修参加の際のブログはこちらから

本年もより進化した山下スマイル歯科を、スタッフ全員で目指します

こんにちは!歯科衛生士の矢下です
12月になりました。寒い日が続いてますね 皆さん、お元気でしょうか?
さて、山下スマイル歯科恒例 1年に1回の大感謝講演会が先月行われました。
今回はスタッフから3名、外部から2名の講師の方を招いての開催です。
 DSC02198.JPG
スタッフの発表・・・
 まずは、受付の名倉さん!
1年に1回の患者様アンケートやパソコンの予約システムを駆使しての
客観的に見た「山下スマイル歯科のデータ」について。
 
2番目に、歯科衛生士の井澤さん。
今年6月にスウェーデン研修で学んできた
「カリエス予防」について。
 DSC02187.JPG
最後は、歯科医師の山本先生。
歯の接触癖の「TCH」について。
DSC02192.JPG
 
みな、1年のまとめとなる素晴らしいもので
個々の個性が光っていました

次に、外部の講師の方々。
午前中は、社会労務士の小松隆先生でした。
講義の内容は、「社会保険について」、知らないことが多くて勉強になりました。
私達スタッフが安心して働ける環境を作ってもらっていること、院長に感謝です!!
また、小松先生の温厚な人柄に触れて、困った時は何でも相談してみよう、と思いました。
続いて、午後は、
有限会社ハグクリエイションの代表 日本口腔インプラント学会 専門歯科衛生士委員
日本医療機器学会認定 第二種滅菌技士 日本歯科大学東京短期大学非常勤講師
の資格を持つ柏井伸子先生でした
講義の内容は、「歯科医院の感染管理」というテーマでした。
山下スマイル歯科では、「目に見えない衛生管理を大切にします」を掲げ
歯を削る機械にいたるまで、高圧蒸気滅菌を行っています。
柏井先生に教えて頂いた知識を活用して、さらに一層衛生管理を徹底し、
患者さんのためになるようスタッフみなで取り組んでいきます!!
DSC02201.JPG
楽しかった懇親会の一場面です♪♪
肌寒い日が続くようになりましたね
10月初めの暑さが懐かしく思えます。歯科医師の山本です
 
まだ夏日だった10月2日、私達は高尾山へ行って参りました
晴天に恵まれ、沢山の登山客の方たちで大変なにぎわいでした。
登山中は一部渋滞になるほど、
多くの方が自然に触れる機会を持っているんだな~と感心いたしました
 
山頂では汗だくになりましたが、夏とは違い湿気がなく、
さわやかな空気でしたので最高な登山日和でした。
私は普段、まったく緑に囲まれるような生活を送っておりませんので、
お陰様でリフレッシュできました。
体は疲れているのに、むしろ元気になりました
自然の力は偉大ですね。感謝です
IMG_3911.JPG
 
そして、昼食は標高500メートルのビアガーデン、
大人気の高尾山ビアマウントへ行ったのですが、大変混むことが予想されました。
ですが、院長が早めに登山し、先に順番待ちをしてくれていたのです。
私たちはゆっくり登り、お土産屋さんなどを見ながら(院長、ありがとうございます
ほとんど並ぶことなく美味しくご飯をいただくことができました
院長の気配り、配慮、感謝とともに、楽しく登山を満喫できたことに感謝です
IMG_3912.JPG
 
もう少し自然や緑にふれる機会を増やしたいな、と考えている今日この頃です
皆様こんにちは
スマイルコーディネーターの我孫子真奈美です。
昨年からの産休育休を経て、山下スマイル歯科に戻って参りました

現在、1歳4ヵ月の女の子のママとして日々奮闘中です
お陰様で娘も保育園に慣れ、
「バイバイ」とあっさり登園できるようになったのですが・・・
まだまだ体調を崩すことも多く、お休みする事が多々あります
そんな時にメンバーの理解と協力がありがたいです

仕事と育児の両立やバランスは難しい
世の中のお母さん本当に尊敬します

若いスタッフだけでなく、子育て経験者のスタッフがいることは、
色々な方のお気持ちがわかるので、山下スマイル歯科の良さだと思っていました
私も子育てを通して人間的に成長することで、患者様に貢献していきたいと思っています
これからまた患者様とお会いできる機会が増えること、
とても楽しみにしております
子育てのお話などもできたら嬉しいです
どうぞ宜しくお願い致します
DSC02103.JPG

こんにちは!
歯科衛生士の関口です

スーパースタッフと聞いて皆さんはどんなイメージが思い浮かびますか?
私がこの言葉を聞いたとき、仕事がバリバリできるスタッフかなと思っていました。

スーパースタッフとは仕事ができるだけではなく、
患者さんやスタッフ・医院から信頼されているスタッフのことです。

去年、このセミナーに歯科医師1名・スマイルコーディネーター2名が参加しました。
そこでスタッフの品格・質をより良くするための秘訣、
スタッフとの上手なコミュニケーション、後輩スタッフの育成などを学び、
私たちにもフィードバックしてくれました。

そして今年は同じセミナーに受付1名・歯科衛生士3名で参加させて頂いています。
全国から特に意識の高い歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付などが参加されています。
中には院長の奥様も参加されており、
幅広い職種の方と話す機会を頂けて、とても良い刺激を受けることができました

翌日からセミナーで学んだ「プラス言葉」を実践していきました。
プラス言葉とは、プラスの考えを持ち、言葉の使い方をプラスにすることで、
 不平、不満、愚痴、文句を言わないで、プラマイゼロの表現を常にすることです。
例えば、疲れた→頑張った
               しんどい→頑張ってる
など自分でオリジナルを作ったりして楽しんで実践しています。

このセミナーは全3回なので、
残りのセミナーでも沢山のことを学び、より良い医院作りをして、
患者さんから信頼して頂けるスマイルに溢れた歯科医院にしていきたいです


DSC02098.JPG