2018年を振り返って

皆さんこんにちは!歯科衛生士の井澤紀代子です

寒さも本格的になり、いよいよ今年も締めくくりに近づいて来ました。
師走は何かと気忙しくなります。皆さんどうぞ体調にはお気をつけてください

皆さんは2018年はどのような1年でしたでしょう?

山下スマイル歯科では、院長をはじめ、スタッフ一同で
「予防歯科とハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする」を胸に、
合言葉として「笑顔・感謝・健康・情熱」を持ち、2018年も邁進しました。
_D5A3779.jpg
今年もスタッフ全員で多くを学びました

スマイルコーディネーターは、
口腔内写真講習会、日本歯科プロアシスタントスクール、GCブラッシングセミナー 等

歯科衛生士は、
下川床先生による院内研修・OJT、GCブラッシングセミナー 等

歯科医師は、
吉岡先生による髄腔拡大の実習、臼歯CRのアート&イマジネーション、
私が受けたいエンド治療の真髄、関東歯内療法学会、GCブラッシングセミナー 等

スタッフ全員で、
糖尿病セミナー、つじむら歯科院内見学 等
そして、2018年の締めくくりとして、
11月23日に恒例の大感謝講演会が行われました
院長、メンバーによる発表と、
日本を代表するカリスマ歯科衛生士 井上和先生、下川床里美先生を
お招きし講演をして頂きさらに知識を深め大きな刺激を受けました
※詳しくは前回のブログをご覧になって下さいね

そして何と言っても一番大きな変化は、
8月に山下スマイル歯科をリニューアルした事です
壁やクロスの張り替え、エアコンやロールカーテンを全て取り替え、
また、3つの大きな機器を導入し、
さらに皆様に安心でハイクオリティな診療が出来る様になりました。

1つ目、デジタルレントゲンCT。
European Joural of Radiology という専門誌で、世界でナンバー1の評価を得る装置です!

image.png

デジタルレントゲンは1/10のレントゲン量で身体に優しく、鮮明な画像を撮影出来ます。
さらに3次元の断層撮影(CT)が可能となったので、より精密な診断が出来るようになりました

imag.png
2つ目、洗浄機ウォッシャー。
患者さんが完全に安心して治療を受けて頂けるよう、感染予防徹底のため導入しました。

今回導入した洗浄機はドイツ製で医療機器の(洗浄・消毒・滅菌)
国際規格(ISO)のAo値3000を大幅に上回るAo値6000が可能になっています。
unnamed.jpg
両方とも素晴らしい機器です

そして3つ目はエアーフローです。
超微細なウォータースプレーとアミノ酸粒子で歯の着色やプラークを優しく取り除き、
吹き付けたアミノ酸粒子が歯肉の血行を促し美しい歯肉を保ちます。
また従来のクリーニングと比べて歯が白くなることを実感できます

ima.png

改めて振り返り、メンバーも医院も多いに進化した一年でした。
来年から年号が変わり今年は「平成最後の・・」と言うフレーズが多く聞かれます。
時代がどんなに移り変わっても山下スマイル歯科では、
「予防歯科とハイクオリティー歯科で美しい歯と健康を大切にする」
を掲げ、
皆さんの「ハッピースマイル」に貢献し続けていきます。

来年も変わらずどうぞよろしくお願いいたします星
こんにちは!歯科衛生士の矢下です
先日、毎年恒例の"山下スマイル歯科・大感謝講演会"が行われました
今年も1年間の締めくくりとして院長とメンバーからは2人が症例発表を。
外部講師の方からもお二人にお話しを頂きました。

まずは、院長。
今年8月に院内をリニューアルしたのですが、
その際に「デジタルレントゲンCT」を導入しました。
「CT」は医科でもよくありますが三次元の断層撮影が歯科でも可能です。
ただ、まだ導入している歯科医院は10%ぐらいと聞きましたが、効果は絶大です、
「CT」を撮ることで今まで分からなかったことがたくさん分かるようになりました
今回は、デジタルレントゲンCTの基礎から、CTを活用した様々な症例の発表でした。
IMG_5502.jpg

例えば、ずっと違和感がある歯があって困っていた方がいらっしゃいました、
二次元のレントゲンで見ても変化がなく、原因不明でしたが、
「CT」を撮ってみると歯の根が割れていている事がはっきりと判明しました。
このように今までよりも原因の診断の幅が広がり、対応もできるようになりました。

私、矢下の症例発表。
テーマは「たばこと歯周病」

みなさんはご存じでしたか?
たばこは全身にも悪影響を及ぼしますが、お口の中では、歯周病と深く関わりがあることを。
たばこを吸っていると歯周病になりやすく、治りにくいのです
それは、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させてしまうからです。
「歯周病」は歯ぐきの病気です。
歯ぐきの中に付いている歯石を私たち歯科衛生士がお掃除して、細菌の数を減らします。

歯周病の進行を抑制して健康な歯ぐきの状態にするのが歯科衛生士の重要な仕事になります。
患者さん自身のホームケアだけでは歯周病は治りません。
是非、歯科医院での検診をおすすめします

次に、川井歯科医師による症例発表。
テーマは「咬合性外傷」
日々の診療の中で、患者さんたちは色々な症状の訴えがあります。
その中で、診断に迷うことがありますが特に難しいのが、この「咬合性外傷」
深い虫歯での痛みかと思っていたら実はそうではなく、
かみ合わせによる問題で、噛む力がそこだけに加わることで虫歯のような痛みにつながります。

歯科医師がそれを見つけて、負担を少なくすると痛みは嘘のようになくなります。
「正確な診断」がないと、それはできません。
普段の川井先生の診療が共有できて、よかったです
DSC02996.JPG
午後は、歯科衛生士の院内講師をしてくださっている
フリーランスの歯科衛生士・下川床先生です
いつもお忙しい中、私たちのために時間を割いてくださって感謝!です!!
「The First Time Challenge」とういうテーマで、初めて研究をした時のお話でした。
研究のきっかけは大舞台で研究発表をした仲間から刺激を受けて、
先輩の後押しもあって決意した、とのことでした。
こんなにキャリアがあっても初めてのことにチャレンジする行動力
本当にすごいな~と思いました。

最後は、外部からお招きした
フリーランスの歯科衛生士・井上 和(イノウエ カズ)先生です。
和先生は、歯科衛生士の専門雑誌「DH style」などに連載したり
セミナーを主催したり精力的に活動されているとても有名な歯科衛生士の先生です。

テーマは「患者さんの歯みがきのモチベーション」について。
執筆活動やセミナー主催など活躍の幅が広いですが、実はベースは歯科医院での臨床。
その経験豊富な臨床の中で培った秘訣をざっくばらんに惜しみもなく教えてくださいました。
それに、歯磨きの道具の選び方など自分自身で熱心に研究されていて驚きました

ハブラシについては、参考にさせていただいて、今、実験・思案中です。
貴重な内容を私たちのためだけに講演してくださった和先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました

このように今年も学びの多い"大感謝講演会"になりました。
これを生かしてこれからも患者さんたちのためになる歯科医療を提供していきますエンジェル

こんにちは!!スマイルコーディネーターの定光です

あんなに暑かった夏が懐かしく感じるほど、
気温が下がり、肌寒い季節になってきましたね。
私は紅葉などを見に行って短い秋をしっかり楽しみたいと思っています
また、体調を崩しやすい時期でもあるので皆様もお気をつけください

私は今、日本歯科プロアシスタントスクールという
歯科助手の最高峰スクールに参加させていただいています_

山下スマイル歯科では、初診コンサルなどで患者様と医院を繋ぐ架け橋となる為、
『歯科助手』ではなく『スマイルコーディネーター』と呼んでいます
sada.png

日本歯科プロアシスタントスクールとは、
全国の歯科医院で働く歯科助手が副院長を担える人材となるために
スキルと人間性の両輪を学ぶスクールです。

歯科助手のミッション(使命)は患者様を幸せにすること

患者様を幸せにするために、歯科助手はどんな事ができるのか
毎回新しい気付きがあり歯科助手に無限の可能性を感じています。
計12回のスクーリングがあり先週7回目のスクーリングを終えました

全国から集まった20名の方たちと一緒に学ぶことで
沢山の価値観に触れ自分の視野も広がります

sada2.png


この学びを通して、医院・患者様に少しでも還元することができるように努力していきます。
そしてさらに患者様に安心して来院して頂き、
患者様の幸せに繋がる架け橋になれるよう頑張ります

いつも応援してくださる院長、スタッフの皆さまに感謝します

大掃除と読書の秋

こんにちは!スマイルコーディネーターの中島です

段々と肌寒くなってきましたね
天候も不安定な日が続いています。
皆様体調を崩されないようにお気を付けください。
私も早寝早起きを心掛け、健康的な生活を意識するようにしています

今年も山下スマイル歯科では「秋」の大掃除を行いました。
古くなった資料や道具を断捨離し、新しいものに変えます。
普段なかなか手の届かないところを掃除をすると気持ち良いですね!
IMG_5349.jpeg

IMG_5353.jpeg



さて、少し話が変わりますが山下スマイル歯科では三ヶ月に一度、
読書感想文を書きます
丁度、読書の秋ですね
私は今回、松澤萬紀さんの100%好かれる1%の習慣」という本を選びました。

t_700x780.jpg


「日頃のたった1%の行動を相手を思う行動に変え、
それを習慣に
する事で、素敵な人間関係を築く事が出来る」
と教えて下さってい
る本です。
とても読みやすく、思わず本を読みながら頷いてしまうほど素敵な本でした
その中で、とても心に残った文章があります。

理解は偶然に起こり、誤解は必然に起こる

私は普段スマイルコーディネーターとして患者様のカウンセリングに入ります。
山下スマイル歯科でのカウンセリングとは、患者様のお話をしっかりと伺い、
安心して治療を受けられるよう患者様をサポートする事
を第一の目的としていますが、
次に大切なのは治療内容を理
解して頂く事です。

これからどの部分を治療をするのか、どんな治療なのか、他にどんな方法があるのか、
回数はどれくらいかかるのか、金額がどれくらいかかるのか、、、
患者様に治療内容を、より分かりやすく伝えるのが私たちの仕事です。
この文章を読んだ時に、私たちの伝え方によっては当院の治療方針が
正しく伝わらない場合もあるのではないかと感じました。

そのような事がないように分かりやすい例えを伝えたり、写真やデータを使いながら、
しっかりと患者様のお顔を見てお話をしなけれ
ばいけない!と身が引き締まりました。
とはいえ、まだまだ勉強中です。
分かりにくい事があるかもしれません。
分からなかった、もう一度聞きたい、希望を伝えたい、などいつでもお声がけください。
笑顔でお待ちしております

皆様、こんにちは!
受付の名倉です
この度の北海道胆振東部地震、また大変な台風や豪雨におきまして、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈りしております。


さて、山下スマイル歯科では夏休みを利用して院内リニューアルを行いました
たくさんの業者の方にご協力いただき、診療を再開しております。
大きな変化と致しましては、皆様によりハイクオリティーな診療を提供するために
ふたつの機器を導入致しました。
ひとつはデジタルレントゲンCT撮影の機器です。
X線診断装 Veraview X800
10分の1のレントゲン量で体に優しくなり、より鮮明な撮影が可能となったことに加え、
3次元の断層撮影(CT)も出来るようになりました
より正確な診断で歯を大切にするために非常に役立ってくれます。
img_02.jpg
今回導入したレントゲン(CT)装置は European Joural of Radiology という専門誌で、
世界中のレントゲン(CT)装置の中でナンバー1の評価を得ています。
20180904171149_001.jpg
もうひとつは器具の洗浄器です。
「ハイドリム」の画像検索結果
手洗いの手間とリスクを軽減し、
効果的な洗浄、すすぎ、温水消毒、乾燥までを自動的に行ってくれる優れものです。
90〜95度の高温で洗浄し、その後はさらに別の滅菌器でしっかりと滅菌を行い、
患者さん一人一人に安全な器具を使わせていただきます。
今回導入した洗浄機は、医療機器の(洗浄・消毒・滅菌)の国際規格(ISO)の
Ao値3000を大幅に上回るAo値6000が可能になっています。
このような新しい機器も導入され、
皆様にさらに安心で精密な治療を受けていただけるようになりました


お祝いのバルーンやお花を頂戴しました!