無痛治療を心がけます。

古いハリウッド映画を見ていても歯科医院の看板に「PAINLESS」という言葉を見つけたことがあります。 歯科医院と痛みの関係は遠い昔からきっても切れない関係でしょう。 当院ではいくつかの要素に注目して、患者さんとこんなうれしい会話をすることもできるようになりました。
  • 「最近の歯医者さんは注射しないんですね」
  • 「先ほど注射しましたよ」
  • 「この歯医者さんでは居眠りしてしまう、こんなこと初めてだよ」
現在の正直な到達点は7~8割の方にまったく痛くなかった,あるいは痛みがとても少なかったと言っていただけるという所です。 中にはとても敏感な方もいらしゃるためです。

当院では以下の要素に注目して無痛治療を目指しています。
  1. 細い注射針を用いる
  2. 表面を張った状態で麻酔する
  3. 注射液を一定の圧力以下で注入する器具を用いる
  4. 軸のぶれないタイプのタービンを用いる(倍速エンジン)
  5. 歯科医院のスタッフの対応・音楽などの雰囲気
このサイトを見た方で、私はこういう方法で無痛治療を受けたという方、この方法が 良いのではないかという歯科医師・歯科医院のスタッフの方ぜひメールでお知らせください。